糖尿病になると、うつ病を併発しやすいといわれています。 では、どうしてうつ病を併発しやすくなるのでしょうか? それは、糖尿病が原因で生活の質が低下し、強いストレスを感じるようになるからです。 糖尿病になってしまった場合には、今までの食生活を一から見直さないといけないので、ストレスが非常に溜まります。 また、運動が嫌いな人でも適度に体を動かさないといけませんし、睡眠の質を高めるために以前よりも早く寝ないといけません。 さらに、病院にも定期的に通院する必要がある上に、糖尿病の症状とも付き合っていかないといけないので、以前よりも生活しづらくなります。 そうすると、「このような生活をいつまで続けないといけないのか?」とか、「どうして自分だけ糖尿病になってしまったのか?」といったことを考えるようになり、だんだん気分が塞ぎこんでいくでしょう。 その結果、うつ病を発症するというのが最も多いパターンです。 特に責任感が強い人、神経質な人、不安感の強い人は、糖尿病が原因でうつ病を発症する可能性が高いので、くれぐれも注意してください。